接客マナーを研修する意味|よりよいサービスを提供する

敬語を覚えよう

大勢の人

身のこなし方も学べる

事務職にしても、お客様と対面することはあります。取引先などがやって来て、お茶を出すことはあるはずです。そんな時のためにも、多くの企業では入社前に接客マナー研修を行うことが多くなっています。もちろん、飲食店やサービス業などの職種では、何日にも渡って接客マナー研修が行われます。まず、接客マナーの研修から敬語を学ぶことができます。どんな相手に対しても敬語を使う必要があるからです。ただし、単純にですます調で話せばいいというわけでもありません。この点はその道のプロに教えてもらいましょう。研修の講師は、通常、先輩社員が務めます。もしくは、研修事業を行っている専門会社に託すこともあります。その方がより正確な接客マナーを身につけられるからです。多くの企業では業務委託をして、研修に出掛けたり、来てもらったりします。それから、このような研修では言葉遣いだけではなく、身のこなし方も学べるようになっていてお得です。特に、飲食店のホールに出るような接客ともなれば、当然、身だしなみもきちんとする必要があります。お辞儀の仕方一つにしても決められた角度があるので、自然とできるように何度も体に叩き込みましょう。特に女性は接客業ではなくても受付を担当したり、お客様を客室に案内したりというような立場になることがよくあります。お茶の出し方さえできない女性も少なくありません。家庭で学んでこなかった人のためにも、会社の研修でしっかりと学びましょう。

バス

社内研修の移動手段に最適

社内研修の移動手段として、貸切バスを選ぶ企業が増えています。目的地まで直通で運んでくれるため無駄な乗り降りが発生しない他、移動中もビデオなどによって研修に活用できるなど使い勝手が良いのがその理由です。料金面でも公共交通機関を使うより有利と言えます。

レディ

国際市場見据えた人材育成

海外拠点の設立や海外流通網の開拓などを目的として、グローバル人材育成に取り組む企業が増えています。グローバル人材育成では単に英語力を強化するだけでなく、コミュニケーション能力や異文化理解といった視点も不可欠です。国際市場で活躍できる人材を育てるには、グローバル人材育成研修が費用対効果の高い方法です。

男性

時間と場所を問わない研修

多くの企業では人材育成のために日常業務を削る形で新入社員や管理職の研修を実施しています。集合研修では時間と場所に制約も生じますが、eラーニングシステムを導入すればそうした制約なしに人材育成が実現可能です。人材育成サービスの提供するeラーニング教材を利用すれば、より低予算で社員教育を実施できます。