接客マナーを研修する意味|よりよいサービスを提供する

  1. ホーム
  2. 国際市場見据えた人材育成

国際市場見据えた人材育成

レディ

英語力以外のスキルも必要

絶え間ない成長を維持している企業や業績を急速に拡大している企業の中には、国内にとどまらず海外市場をビジネスの場としている例が少なくありません。人口減少に転じた日本の国内市場では大きな成長を期待するのも難しくなりましたが、海外に目を向ければ無限の可能性が広がっているのです。そのため多くの企業では海外でのビジネス展開を視野に入れた人材育成が急務の課題と認識され、グローバル人材育成研修も盛んに実施されています。グローバル人材に求められる条件と言えば、世界のビジネス現場で事実上の標準語として使用されている英語を中心とした語学力が筆頭に挙げられます。従来のグローバル人材育成は社内の優秀な人材に対して英語力を強化するような形が多く見られましたが、国際市場を切り拓いていくには語学力以外の多彩な能力も必要です。さまざまな国籍を持つ人との交渉には数ランク上のコミュニケーション能力が求められ、協調性や異文化理解力といった能力も欠かせません。管理職のポジションにある社員には、外国人の部下を統率する能力や国際的リーダーシップまで視野に入れたグローバル人材育成を考えなければならないのです。一般的な企業では自社でこのような人材育成を実施するのが困難なため、グローバル人材育成研修をアウトソーシングしている例も多く見かけます。社内研修をサポートしているサービス会社を利用すれば、一定の費用はかかりますが高水準のグローバル人材育成プログラムを社員に受けさせることができるのです。参加費用は研修日程や場所によっても異なりますが、公開講座の場合は1日数時間の参加で1名数万円程度という例が一般的です。グローバル人材育成に取り組んでいる企業は事業拡大や新たな販路開拓にも人材を積極的に投入し、国際競争力を獲得しています。研修を通じて社内に多くのグローバル人材が育っていけば、海外市場を見据えた事業計画も立てやすくなります。